FILEUSE D’ARVOR

FILEUSE D’ARVOR (フィルーズ・ダルボー)は1927年にフランス北西部ブルターニュの港町、QUIMPERで創業をしました。およそ一世紀にわたりFILEUSE D’ARVOR社は地元に根付いた活動を続け、頑なにMADE IN FRANCEにこだわり続けるマリンブランドです。

創業当初より幅広くマリンウエアを展開しており、中でもボートネックのマリンセーター「マリニエール」(日本では主に「バスクシャツ」と呼ばれていますが)はブランドを象徴するアイテムです。
カット&ソー(丸編み)のバスクシャツはフランスでも様々なメーカーで展開されておりますが、「バスクシャツ」の名称は、その発祥の地であるスペインバスク地方の手編みニットセーターにあるという一説を鑑みると、ニットの手法を用い作り出されるFILEUSE D’ARVORのコットンマリニエールはよりオリジンに近いアイテムであるといえるかも知れません。

またマリニエールはフランスではブルトンシャツ(=ブルターニュ地方のマリンシャツ)と呼ばれる事も多く、ブルターニュ地区最古のマリニエールサプライヤーであるFILEUSE D’ARVORは、その観点から見てもフレンチマリンウエアのルーツを語るうえで最重要なブランドの一つであると言えるでしょう。
上質なコットンをたっぷりと使用し、丁寧に編み上げられたバスクシャツは、丸編みの機械では再現する事ができない、ニット特有の物であり、優しい肌触りと、日々のワークに抗う耐久性が同居する、彼らの思い描く究極のバスクシャツを具現化したものです。なかでも、彼らの製品の一つの特徴である、伸び止めと補強のため2重に縫製されたショルダーは同社のオリジナルとしてフランスで商標登録されており、他のメーカーでは再現することができない普遍的な縫製仕様となっています。

海外に生産拠点を移すブランドが多い中、実直にMADE IN FRANCE を守り続け、フランス海軍のオフィシャルサプライヤーとしても活躍していた実績などもたずさえる、確かな歴史と実力に裏付けされたフレンチマリンワークブランドです。
裾口に付くワッペンはユニフォームを支給していたフランス海軍の空母 、JEANNE D’ARCの旗章であり、オフィシャルサプライヤーの証として利用を受諾された物です。


有限会社エムジェイキュー
03-3542-0393(担当 高松)

IMAGE PHOTO (ARVOR)