KURO

2010年春夏シーズンからスタートしたデニムブランド「KURO」。

そのブランドネームは、日本語の 黒 を意味します。陰湿、孤独なイメージを与え、また神秘的で威厳があり、強さを表す 黒。
そして、黒は私達日本人にとって美しい髪の色をも表現します。それら 黒 から受けたあらゆるインスピレーションは、「KURO」のデニムへと注がれました。

紡績や縫製、染色、加工など、デニム作りにおいて世界最高峰と謳われる日本のクラフトマンシップはディテールへ、ステッチワークという遊びゴコロは流麗なシルエットへと昇華し、スタイリッシュかつ徹底的にこだわり抜かれた「メイド・イン・ジャパン」は、独創的なデザインと圧倒的なコストパフォーマンスをもって1stシーズンを迎え、世界中のバイヤーが集まるPITTI UOMOへの出展を皮切りに世界各国のショールーム、バイヤーから高い評価を受けました。

2016 S/S [TIME]

誰もが一度は足を通しているジーンズ。そのジーンズには様々な歴史的背景が存在し、ゴールドラッシュ、反逆性の象徴、自由の象徴、大量消費的なイメージ、ヴィンテージの「色落ち」「汚れ」を楽しむことなど、時代によって異なるイメージを持っています。
まさに歴史に裏付けされた、「時間」と共に変化する稀有なアイテムといえるでしょう。
今シーズン、KURO はデニムに「時間」を注ぎ込み、現代の産業技術によって、ミニマムで独創的なアイテムに転換していきます。


BLUES INC.
http://kurodenim.com/
http://www.bluesinc.jp/
03-6438-9913(担当 守谷)

kuro-image-DWD