MaTeS

1947年に当時17歳の若いアスリートだったフランシス・マテス氏がスポーツシューズを作ったのがブランドのはじまりというスペインのスニーカーブランド「MaTeS(マテス)」。現在もスペイン・バルセロナに工房を構え、創業当時のアイデンティティを受け継いだ熟練の職人の手によって、一足一足がハンドメイドで作られています。

いまや白スニーカーの定番となりつつある人気モデル「TENIS(テニス)」は、スリムかつスマートな印象のフォルムをもつレザースニーカー。通常スニーカーにはあまり使われない高級革のカーフスキンを使用し、革靴に近い感覚でコーディネイトできます。とてもしなやかな履き心地で、表情が出やすく、経年変化も楽しめるのも魅力です。

ランニングシューズタイプの人気モデル「MONTJUICH(モンジュイック)」は、どこか懐かしい、クラシックなデザインが特徴で、1980年代前半に初めて登場し、現在でも当時と変わらない製法で作られています。ソフトなカーフレザーと、耐久性に優れたナイロン素材を組み合わせたこのモデルは、まさにランニングシューズの基本が詰め込まれた一足となっています。

株式会社エディブロケード
www.origami.com/eddybrocade
0985-65-0799(担当 江田)

mates2014aw_2-3