ROBERT MAPPLETHORPE

1989年3月。ロバート・メイプルソープは、42歳という短い生涯を閉じた。
生前よりゲイである事を公言し、芸術表現における<性のボーダー>を超えた彼の写真の数々は、常にスキャンダラスな論争を巻き起こし、70~80年代のアートシーンに多大な影響を与えた。

花、男性ヌード、彫像等被写体が変化しても一貫して求め続けた「完璧な瞬間(パーフェクト・モーメント)」。
一分の隙も無い完璧な構図によって作り出された彼の写真表現は、没後20年を経た今日でも観る者を魅了し続ける。

またメイプルソープは、ニューヨーク・パンクの女王パティ・スミスと親交が深かったことでも知られており、名盤として名高い『ホーセス』のジャケットを始めとして『ウェイブ』、『ドリーム・オブ・ライフ』の3作品のジャケット写真はメイプルソープが撮影したものである。


株式会社is
http://www.isltd.co.jp
03-6303-2657(担当 真篠)

ROBERT-MAPPLETHORPE-img