James Morgan

シェーカーボックスのルーツは、1790年代のNY州のMount Lebanonにてシェーカー教の信者によって作られ始めたと言われています。
同じようなタイプのボックスはヨーロッパでも古い歴史がありますが、シェーカーボックス一目で識別できる程 、高い完成度と洗練されたデザインを持っています。
シェーカー教徒達の作った物は、労働の中で生み出され、彼らの信仰が投影されています。虚飾を嫌い、無駄な部分をそぎ落として、もの本来の機能性を追求する中で美を両立させています。
ジェームス・モーガンはブリストルを拠点に木製椅子の修復と、シェイカーボックスの製作を行う、高度な技術をもった木工職人です。
ジェームス・モーガンの手作りの箱は、シェイカー教徒が使用していた素材と彼等のオリジナル技法で作られています。
うすく削りスワローテールにカットされた板を固定する銅製の釘と、蓋とベースを固定する為の木製のペグは、アメリカから輸入されています。
それぞれの行程は、伝統にそって行われています。彼は英国において、シェイカーボックス職人達を引率し、技術継承していける貴重な存在でもあり、インターナショナル誌『Good Woodworking Magazine』を含め、他多くの雑誌でも紹介されています。


株式会社蘆田屋
http://www.ashidaya.co.jp
06-6872-0333(担当 芦田)

6153CE70-F919-4EF7-BC5F-BFA09352E49A